舌下免疫療法について
HOME > 舌下免疫療法について

舌下免疫療法について

舌下免疫療法とは

舌下とは、舌の下(裏)のことです。舌下免疫療法とは、アレルゲンエキスを舌下に投与する新しいアレルゲン免疫療法です。まず、舌下にアレルギーの原因となるアレルゲン(抗原)を低濃度から投与し始め、それを徐々に増量していき、最高の濃度まで増やします。そして、毎日投与することでアレルゲンに対する過敏性を減少させます。また、皮下免疫療法のような痛みがなく、自宅で服用出来ます。
舌下免疫療法投薬イメージ

舌下免疫療法の効果と治療の流れ

アレルゲン免疫療法によって期待できる効果

効果を発現するメカニズムは十分に解明はされていません。舌の下から入ったアレルゲンが体内で反応し、アレルギー反応を抑制する免疫反応がおこることで症状がおさえられると考えられています。正しく、長期にわたりアレルゲン免疫療法を続けることで、次のような効果が期待されます。

舌下免疫療法の期待される効果1 舌下免疫療法の期待される効果2 舌下免疫療法の期待される効果3 舌下免疫療法の期待される効果4

治療期間

アレルギー免疫療法は、3~5年の長きにわたる治療が必要となります。
1日1回、少量から服用をはじめ、徐々に増量し、その後は決まった量を数年にわたり継続して服用します。初めての服用は、医師の監督のもと行う必要があります。

免疫療法の特徴

  • アレルギー症状を直したり、長期にわたり症状をおさえる可能性のある治療法です。
    症状を完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、おくすりの使用量を減らすことも期待できます。
  • 治療前に、症状がアレルゲンによるものかの確定診断が必要です。
    問診やアレルギー検査などを行うことにより、症状を引き起こすアレルゲンを確かめます。
<注意事項>重要
  • 指示した期間、毎日1日1回、継続して服用しましょう。
  • 指示した間隔で、きちんと受診するようにしましょう。
  • 心配なことがあれば、医師にすぐに相談しましょう。

気になる治療費のこと

「舌下免疫療法」に使用される当院のお薬は、健康保険が適用になります。

提供先:鳥居薬品株式会社

お問合せ先バナー(携帯用)